JBCEAバングラデシュの組織

JBCEAJapan-Bangladesh Cultural Exchange Association)バングラデシュは、設立当初にバングラデシュのNGO団体として登録している団体で、当初は日本の傘下に位置づけていましたが、改革と基盤整備を経て独立した組織形態として明確にしました。201711月現在、常勤スタッフ6名と臨時スタッフ11名(時季により変動あり)が働いています。

 

代表はカントリーディレクター1名、プログラムマネジャー2名、スタッフ3名が常勤スタッフとして、担当する活動を運営しています。

学校給食プログラム

カントリーディレクターが担当。ジョドナットプール公立小学校(児童160名)で保護者を中心とする学校給食実行委員会メンバー20名が、地域住民の協力を得て、学校給食を実施しています。

大豆栽培・普及プログラム

プログラムマネジャー1名、常勤スタッフ1名が担当。大豆加工センターでは、非常勤スタッフが数名働いています。村を回って販売するホールセラーや委託販売点120店と協力して活動しています。

刺しゅう製品製作販売プログラム

プログラムマネジャー1名、常勤スタッフ1名が担当。8つの村に刺しゅう生産グループがあり、合計100〜200名の女性達が刺しゅうを行っています。事務所で非常勤スタッフが縫製や仕上げ作業を行っています。


カントリーディレクターよりご挨拶

アクセス

住所:

JBCEA Bangladesh, Navaron, Shasha,

Jessore-7432, Bangladesh